復縁のために必要な冷却期間はどのくらい?成功の確率を上げる冷却期間の過ごし方もご紹介します

「すぐにでも彼と復縁したい…今すぐ復縁する方法はないの?」

彼とお別れしてからというもの、不安や寂しさでいてもたっても居られない方も多いのではないでしょうか?

しかし、元彼との復縁を成功させたいのであれば、すぐに行動を起こしてしまうのは逆効果になってしまう可能性も…

しっかり冷却期間を置いた上で復縁のアプローチをすることが、元彼との復縁成就の秘訣です。

今回は、彼との復縁に必要な冷却期間の長さや、冷却期間の効果を最大限発揮させるオススメな過ごし方をご紹介します。

復縁のために必要な冷却期間はどのくらい?成功の確率を上げる冷却期間の過ごし方もご紹介します

その前に、お相手との恋がもう一度結ばれるのか、二人がどんな恋の運命を辿るのか知りたい!という方は、今すぐこちらから復縁の運命をチェックしてみてくださいね。

▼無料占いで復縁を占う▼

 
あなたについて教えてください
ニックネーム ※必須
生年月日 ※必須
あの人について教えてください
ニックネーム ※必須
生年月日 ※必須
入力内容をご確認ください。
     

目次

  1. 復縁に冷却期間はなぜ必要なの?
  2. 復縁に必要な冷却期間はどのくらい?
  3. 復縁の確率を上げる冷却期間の過ごし方は?
  4. 冷却期間中に相手から連絡が来たとき
  5. 冷却期間後に相手に連絡したいとき
  6. 冷却期間はいつ終わる?
  7. あの人との復縁運命を診断

復縁に冷却期間はなぜ必要なの?

冷却期間の必要性は?効果は?

大切な彼との別れ…関係が変わり心の距離が離れてしまう寂しさに、「今すぐにでも復縁したい…何か行動を起こさないと…!」と、焦ってしまう方も多いのではないでしょうか?

しかし、お別れの直後はお互い感情的になりやすく、精神的にも不安定で冷静にやり取りができないことも多いため、その状況で行動を起こしてしまうと復縁に逆効果になってしまうことも。

すぐにでも行動したい気持ちをグッと抑えて、お互いの気持ちを整理する時間として冷却期間を置くことが重要です。

また、離れている期間を置くことでお互いの大切さを心から実感できるため、前よりも深い絆で結ばれることも。

冷却期間の効果を最大限生かして、復縁の準備をしておくことが彼とヨリを戻すための秘訣です。

冷却期間のメリット

お別れの状況や雰囲気を引きずっている間の復縁は難しいもの。

一度しっかり距離と時間を置くことで、新鮮な気持ちでお互いを見つめ直す必要があります。

冷却期間を置き気持ちを前向きに切り替えることが、新たな心でもう一度彼との恋愛を始めるポイントです。

冷却期間を空けることは以下のようなメリットがあります。

●自分自身が冷静になれる

ケンカ別れをしてしまった、彼に突然別れを告げられた、またはあなたから別れを告げたなど理由は様々ですが、いずれにしろ別れた直後はショックで冷静に考えることができなくなっています。

冷却期間を置く事によって、別れの原因は何だったのか、あなたにとって本当に彼が必要なのかどうかを冷静になって考えることができます。

●彼の中のネガティブなイメージをリセットできる

別れた理由に関わらず、別れるという事はお互いにとってとても傷つき、悲しい出来事です。そのため、復縁を望んでいる場合はこの別れた時のネガティブなイメージをできる限り払拭する必要があります。

時間をおいてネガティブな印象を薄めていくことが大切です。

●自分磨きができる

冷却期間中に彼と付き合っていた時の自分を振り返って、改善すべきところがないか自分自身を見つめなおすことができます。

もう一度彼に好きになってもらえるように、外見だけでなく内面の自分磨きをすることで、より魅力的な女性になれるでしょう。

このように、冷却期間を置く事は、復縁を成功させるために大切な効果が詰まっているのです。

それによって「あなたが別れを受け入れ、彼ともう一度新しい恋をする準備ができている」という状態をお相手に認識させられるので、彼の気持ちを復縁に向けやすくなるのです。

冷却期間のデメリットと対処法

基本的にメリットの多い冷却期間ですが、少なからずデメリットもあるため冷却期間を置く際は、そのデメリットと対処法を知っておくことも大切です。

冷却期間を空けるデメリットには以下のようなものがあげられます。

●離れている間に相手に新しく好きな人ができてしまう

連絡を取らないうちに、相手に新しく好きな人ができてしまったり、既に付き合い始めてしまうことがあるかもしれません。

お互いフリーなので、そのような場合も覚悟しておく必要があります。

●友人としての距離感が出来上がってしまう

別れの直後は、辛く悲しい気持ちでいっぱいかもしれませんが、冷却期間を設けることで、気持ちの整理がつき、あなたを恋人ではなく友人としてしか見られなくなってしまう事もあります。

このように復縁を望む側としては不安になる事態が起きてしまうケースも。

しかし、そのタイミングで焦って連絡を取って復縁を迫ったり彼に接触するのは逆効果…。さらに復縁を遠ざけてしまう可能性も少なくありません。

元彼と離れている間は不安になってしまいがちですが、どんな状況になったとしても、お相手とあなたの縁が一度は結ばれていた事実は変わりません。

その時はグッとこらえて相手の気持ちが再びあなたを向くタイミングを待つことが、その後に訪れる復縁のチャンスを掴むポイントです。

復縁に必要な冷却期間はどのくらい?

冷却期間に必要な時間はどのくらい?

彼と復縁したいと願いながら、いつ終わるのか分からない冷却期間を耐え続けることは苦しいもの。

では実際、復縁を成功させるために冷却期間はどのくらい必要なのでしょうか??

目安が分かっていれば、自分磨きの具体的な目標を定めるなどして冷却期間をより有効活用することができそうです。

冷却期間とは、一般的に2~3ヶ月もしくは半年程度と言われています。この期間は人が冷静になり気持ちを切り替えるのに必要な期間の目安です。もちろん別れの状況や、今現在の2人の状況により冷却期間は異なってきます。

それによって、あなたと彼が復縁するために必要な冷却期間は、2~3ヶ月より短くなる場合もあれば、1年以上の時間が必要になる場合もあるようです。

ケンカ別れといった衝動的な別れの場合の冷却期間

一般的に、衝動的なきっかけがお別れの原因である場合、復縁に必要な冷却期間は短めだと言われています。

もちろん、お互い感情的になっているため、お別れの直後のアプローチは怒りを再燃させてしまうこともあるので逆効果ですが、長い冷却期間を置くよりも、ある程度相手の頭が冷えていることが分かった時点で話し合うなどして復縁に向けて動き出しても良さそうです。

しかしその場合、別れのきっかけとなったケンカの原因はきちんと把握し、問題点をクリアしていなければ意味がありません。

トラブルの原因は早めに整理しておくことが、スムーズな復縁成就のポイントです。

価値観のズレや不満が溜まったことで分かれた場合の冷却期間

一方で、ストレスや不満が長い期間をかけて溜まり、限界を迎えてお別れしてしまった場合、そのモヤモヤをしっかり発散し、お互いに対するネガティブなイメージを払拭しきれてからではないと復縁は難しいもの。

一般的に、このタイプのお別れは、長めの冷却期間が必要になることが多いと言われています。

衝動的な別れではないからこそ、別れの原因が整理できているかお別れした時点から成長しているのかを、いかに相手に確信させられるかが復縁成就のカギを握ります。

そのため、このケースでは冷却期間の長さだけでなく冷却期間の過ごし方が重要になると言えそうです。

相手から別れを告げられた場合の冷却期間

相手から振られた場合の冷却期間は、少なくとも3カ月はおいた方がいいでしょう。 長い場合は半年~1年以上の期間が必要になります。
何かしらの原因があって相手は別れを告げたので、相手の気持ちを尊重し、すぐに連絡を取ることはやめた方がいいでしょう。

自分から別を告げた場合の冷却期間

自分から振った場合でも、すぐに連絡を取ると相手があなたに対し振り回されているという印象を持ってしまいます。
しかしあまり時間を置き過ぎてしまうと、相手の心の整理がつき、あなたを諦めてしまう可能性が高くなります。
2週間~1ヵ月を目安にしましょう。

今の心の距離から必要な期間を確かめる

ふたりに必要な冷却期間を見極めるもう一つの方法は、今現在のふたりの状況や心の距離から判断するものです。

今現在のふたりの心の距離は、お相手が今あなたに対して抱いている気持ちの変化や、あなたとの恋に対する未練が今どのくらいあるのか、といった観点から測ることができます。

この方法では、お別れをしたタイミングではなく今現在の状況から見極めるため、より詳細な冷却期間を診断することができます。

とはいえ、そもそもお相手の気持ちを知ることは難しいもの…。「彼の未練なんて分かるの?」って思いますよね。

実は、ふたりの生年月日を元に宿命を占うことで、今のふたりがどんな関係になっているのか、彼が今あなたをどのくらい意識しているのか読み解くことができるのです。
お相手が今、復縁にどのくらい前向きな気持ちになっているのか分かると、復縁までに後どのくらい冷却期間が必要なのかも知ることができるのです。

実は、思っている以上に短い冷却期間で復縁できるかもしれません。

日本一当たると紹介された「復縁占い」はこちら

復縁の確率を上げる冷却期間の過ごし方は?

冷却期間の必要性は?効果は?

復縁するための冷却期間中というのは、ただ時間を置けばいいわけではなく、復縁に効果的な過ごし方をすることが大切になります。

そんな冷却期間中の過ごし方には、復縁の可能性を高める行動がある一方で、逆に復縁を妨げてしまう行動も。
例えば、冷却期間中に連絡を取ってしまうと、熱が冷め切らずきちんと冷却できないため、復縁活動が振り出しに戻ってしまいます

せっかく、復縁を成功させるために冷却期間を置くのですから、自分自身の行動で復縁を妨げてしまうのはとても勿体ないもの。

復縁失敗を回避するために、復縁のOK行動とNG行動をどちらもきちんと把握しておくことがポイントです。

冷却期間にするべきこと

●別れの原因を見つめ直す

復縁を成功させる冷却期間の過ごし方として最もシンプルで重要なのが「別れの原因を分析し、克服する」こと。

と言っても、カップルのお別れにはいくつかの原因が複雑に絡み合っていたり、別れの原因だと思っているものが自分と相手でズレてしまっているケースも少なくないため、別れの原因を知ることは簡単ではないことも。

まず、あなた自身でお別れの原因を整理できたら、次は占いで二人のお別れの真相を確かめてみることもオススメです。

●自分磨きをする

復縁までの冷却期間には早くて数週間から数ヶ月、長くて数年という時間がかかってしまうもの。

その間はずっとモヤモヤしながら色々なことを考え込んでしまい、どうしても気分も沈みがち…

そんな冷却期間は自分磨きの時間に費やすことが復縁成功の秘訣です。

彼と過ごす時間が無くなったことで、美容や健康、趣味に費やす時間を増やせるため、彼と会わない間にどんどん綺麗になり、彼と再会した際に改めてドキッとさせることもできそう。

誰よりも魅力的な女性になって「やっぱりあなた以外考えられない」と、元彼に思わせたらこちらのもの。彼との復縁の日も近いかもしれません。

冷却期間にしてはいけないこと

●頻繁に連絡をする

彼に忘れられたくない、彼の声が聞きたい、と元彼に連絡をしたくなってしまう気持ちはとてもよく分かりますが、冷却期間中に連絡するのはやめておきましょう
フリーになった開放感を感じている最中の彼に連絡をしてしまうと、彼の中であなたにまつわるネガティブなイメージが蘇ったり、未練が伝わり距離を取られてしまうことも。

冷却期間は、相手にもう一度あなたのことを好きになってもらうための時間として連絡は断ち、ジッと耐えることが重要です。

しかし「連絡を断つために」とSNSなど一切の連絡手段を絶ってしまうのはNG!

全ての接点を無くしてしまうと、せっかく気持ちをリセットして前向きになっているあなたの姿や、より魅力的になったあなたの姿が彼の目に全く触れなくなってしまう上、彼の復縁への気持ちが高まった時、彼からあなたに連絡する手段が無くなってしまいます

●不安になりすぎる

復縁できるのかわからない、いつ終わるのか分からない冷却期間はどうしても気持ちがネガティブになってしまうこともありますよね。

「どうしたら別れずに済んだのだろう…」「あの人はもう他の女性を好きになってしまっているかも…」と、過去を振り返ったりマイナスな想像をしてしまいがちですが、後ろ向きな気持ちの間はお別れを清算して新しい自分になることは難しいもの。

変えられない過去について悩むのではなく、次にあなたと彼がどんな関係になれるのか、どんな恋ができるのか、と未来のふたりを想像しておくことも大切です。

冷却期間中に相手から連絡が来たとき

冷却期間中は連絡を取らないと決めたのに、相手の方から連絡がきた場合はどうすればいいか悩んでしまいますよね。

相手から連絡がきた場合は、返信はした方がいいでしょう。

しかしどういう対応をすればいいのかは、連絡がきたタイミングによって違ってきます。

冷却期間が1ヵ月、3ヵ月、半年で連絡がきた場合、どうしたらいいのかをそれぞれご紹介します。

冷却期間1ヵ月で連絡がきたとき

冷却期間1か月後に連絡がきたということは、あなたの事を思い出し、少し気になっている状態です。

しかし、連絡がきた嬉しさからすぐに返信してしまうと、その気になればいつでも付き合える相手と思われてしまいます。

相手は気遣いつつも適度に距離を取り、ある程度やり取りが続いたら、復縁したい旨を伝えてみてもいいかもしれません。

冷却期間3ヵ月で連絡がきたとき

冷却期間3ヵ月後に連絡がきた場合は、あなたが今どんな風に過ごしているのか、新しく好きな人や恋人ができたのかが気になっているのかもしれません。

相手から探りを入れるような連絡がきたら、質問にはさらっと答えて、あなたからも同じ質問をしてみましょう。
相手にも好きな人や恋人がいない場合は、復縁できる可能性があります。

しかしただなんとなく連絡したという事もあり得ますので、復縁したい気持ちは抑え、かといって突き放すような対応では復縁が遠ざかってしまいますので、あくまでも自然体なあなたのままでやり取りした方がいいでしょう。

冷却期間半年で連絡がきたとき

冷却期間を半年おいてから連絡がきた場合、あなたのことを忘れられず、思いを引きずっている可能性があります。

しかしこちらの場合もすぐに復縁の思いを伝えたりせず、様子を見ましょう。

寂しさを紛らわせるだけの都合いい相手にされてしまうこともあるので注意が必要です。

やり取りが続く場合も、始めのうちは自分からの連絡は控えめにし、徐々に連絡頻度を増やして距離を縮めていけば、自然と元の距離に近づいていくかもしれません。

冷却期間後に相手に連絡したいとき

冷却期間後も相手からの連絡がこない場合、あなたから連絡するには、どんな口実でどのように連絡をすればいいのか悩みますよね。
もちろんいきなり復縁を迫るような連絡や未練を感じさせる内容の連絡はやめた方がいいでしょう。

相手が考えなければ返信できない内容だと返信の確率が下がるので、返信しやすい内容にすることが大切です。
相手から返事がきやすい自然な口実をご紹介します。

借りた物、貸した物についての連絡する

交際期間中に借りたもの、貸したものはありますか? あればその事について連絡してみましょう。
借りた、貸したに関わらず返信がくる可能性は高いでしょう。

相手の得意分野についての質問をする

相手の得意分野について質問してみると、相手も警戒心なく返事をくれる可能性が高いでしょう。

例えば相手がパソコンについて詳しい場合、「新しくパソコン買いたいけど、どれを選べばいいかな」と聞いたり、「この操作方法がわからないけどどうすればいい?」などアドバイスを求めると、自分の得意分野なので相手もフォローしやすい状況になります。

近況を聞く

シンプルに近況を尋ねてみるのもいいかもしれません。
いきなり「彼女できた?」などの確信に迫るような質問はNGです。
あなたの未練を感じさせないように気を付けて、明るい態度で簡潔に聞きましょう。

冷却期間はいつ終わる?

冷却期間が終わって復縁できるのはいつ?
もともとお互いに魅力を感じていたからこそ、お付き合いをしていたふたりのはず。

お別れをきっかけにお互いの大切さを実感し、冷却期間を経てあなたと彼のどちらもが「やっぱりあの人しかいない」と感じることができたら復縁の準備は万端です。

あの人との復縁運命を診断

復縁後より良い関係を築くために大切なのは、単純に元の関係に戻るのではなく、新しいカップルとしてふたりがもう一度恋人になる意識を持つこと。

冷却期間に必要な時間は3ヶ月とも半年とも言われますが、実際あなたと彼が復縁するために必要な期間がどのくらいなのかは、二人の状況や、運命によってそれぞれ
具体的にどんな冷却期間を過ごしたら彼と復縁できるの?
冷却期間はいつ終わるの?いつまで待てば良いの?
彼との復縁の運命を詳しく知りたい方にはこんな占いがオススメです。

【復縁限定占】他の誰も好きになれない…運命が再び重なる、×月●日

鑑定項目

  • 別れたときのあの人の気持ち
  • 2人の運命を動かすために必要なこと
  • 再び運命が重なる復縁の日付

復縁について占う

彼の気持ちの変化や復縁の運命を動かすためにどうしたらいいのか。その答えがここにありそうです。

早速、二人が復縁できる運命はあるのか、二人の恋愛が今、どんな状況で今後どんな運命を辿り結ばれることになるのか、定められた宿命を紐解いていきましょう。

占いに必要なのは名前と生年月日だけ。

まずは無料でお試ししてみてくださいね。

無料で復縁を占う

あなたにおすすめの復縁記事

絶対に復縁したいあなたへ【決定版】きっかけや期間、復縁できる可能性を知る方法まで

【無料復縁占い】日本一当たるとTVで紹介された占い師《水晶玉子》の占いがスゴい!もう一度彼の気持ちが動く日まで的中!?

復縁の方法はたった1つ 復縁したいあなたにオススメな無料占いも


占い師プロフィール

いかがですか?運命の神秘、解き明かしています この先で詳しくお伝えいたします

今すぐ占う